Pocket

組織に属している、フリーランスの違い

会社を退職してから、もうすぐ2か月。組織に属しているときとの大きな違いは、何事も自分で決めなければならないこと。

あれだけ「フリーランスだと好きなことできるからうらやましいよな。」と思っていても、いざ自分がその立場になってみると、小さなことから大きなことまで決断、決断、決断の連続。

「決断力」「行動力」がないと何も先に進まない。

組織に属しているときは、ぼーっとしていても仕事が与えられるのでこなしていればなんとなく物事がすすんでいくが、

フリーランスだとひとつひとつ

PLAN → DO → SEE を一人で行っていく感じだ。

どちらがいいとはいえない。

要は、どちらの生き方が自分にとって楽しいか?

お金は稼げても毎日憂鬱そうな顔をして仕事をするか?

組織の中にいてこその自分だといえる場所があるか?

自分のいいと思う部分を蔑ろにされていないか?

この先身体をこわしてもやりたいことをやった結果だと納得がいく働き方をしているか?

これらのことを人生の節目節目に自問自答してみる価値はあるかもしれない。

私自身、組織の中で仕事をしていて不満だったわけではない。

しかし、ふと我に返ったとき、このままここで働き続けて後悔しないか、

もっと大事なことを忘れていないか、考え続けた結果、独立を選んだ。

だから、この選択を後悔しないよう、毎回毎回の「決断」を楽しみながら

進んでいこうと思う。

 

どなたかの参考になればと思い、これからも独立その後・・・を記していきます。

 

 

 

カテゴリー: 税理士開業